投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「水玉見せびらかし」10

 投稿者:金阿弥陀仏  投稿日:2019年 2月10日(日)22時30分37秒
返信・引用
  前回の比喩、違うな。
カルガモ親子の感じかな。湯呑が成長して土瓶になる。
いや、比喩いらない、土瓶と急須と湯呑茶碗だ。

今回はすかして見せびらかす。
かつて日本の津々浦々でたくさんの人たちがながめて、それほど感心しなっかったながめです。
 

「水玉見せびらかし」9

 投稿者:金阿弥陀仏  投稿日:2019年 2月 3日(日)22時31分23秒
返信・引用
  シルバニアファミリーのようにかわいく、帝国海軍連合艦隊のようにかっこいい、セットとして見せびらかす。  

「水玉みせびらかし」8

 投稿者:金阿弥陀仏  投稿日:2019年 1月22日(火)23時04分50秒
返信・引用
  一番お買い得だった水玉はこれ。
不忍池の古道具屋で5個五百円。瀬戸物屋で荷ほどきされる事もなく、古道具になったようで、1個ずつ新聞に包まれて5個一組でひもでしばられてた。
何組もあったが1組だけ買った。去年の夏であった。
 

そうそう、

 投稿者:金阿弥陀仏  投稿日:2018年12月29日(土)00時27分35秒
返信・引用
  赤毛君や、昨日成増で角川文庫買ったぜ。
まだ読んでおらんが。
 

「水玉みせびらかし」7

 投稿者:金阿弥陀仏  投稿日:2018年12月29日(土)00時13分47秒
返信・引用
  水玉は一説には有田の隣り、嬉野の肥前吉田焼の副千製陶所から始まったという。
流行っていろんなとこで作られて、そしてすたれた。
この副千製陶所では新しいデザインの水玉を今も作っているらしい。カッコいいけどちょっと高い。
いや高くはないか。
つぶれかけた店で捨て値で買ってると錯覚するだけで。
 

「水玉みせびらかし」6

 投稿者:金阿弥陀仏  投稿日:2018年12月18日(火)22時59分30秒
返信・引用
  でも5のおちょこととっくりは、銘が違うから別の窯元出身のようだ。読めないけど。
それぞれの相方があるのかもしれない。
だいたい水玉のくせに名入っていうのは気取った水玉のかわいいとこで、主流派は無銘です。
 

「水玉見せびらかし」5

 投稿者:金阿弥陀仏  投稿日:2018年12月 7日(金)23時57分53秒
返信・引用
  これも水玉としてはフロンティア精神に富んだもの。
とっくりはあずま通りで買った。とっくりが有るんならおちょこもあるだろうって思ったけど、あずま通りには無かったんじゃ。
おちょこは川越にあった。でも川越にとっくりは無かったんじゃ。
あずま通りには茶碗蒸し用の水玉もあったんだけど、買う前に店が無かったんじゃ。
 

「水玉みせびらかし」4

 投稿者:金阿弥陀仏  投稿日:2018年11月30日(金)23時54分21秒
返信・引用
  なんだか前回の文がわかりにくいので説明。最後の2行で大きめとか小さめとか言ってる「水玉」は湯呑の模様の水玉の事。口がすぼまってる型の水玉の大きめのは、2のまん中の写真。

これまで紹介したざっかけない、持つものを緊張させない土瓶や湯呑が水玉の本領のところだけど、上昇志向で立身出世主義の意識高い系水玉もあります。
上の写真は川越の瀬戸物屋で買った。ここの主人は水玉事情に委しく、模様の水玉部分を削る時粉塵が飛ぶので、作るのもけっこう大変と言ってた。
中はあずま通りで。
下は茅ヶ崎で。店のおばさんは、ごはん茶碗じゃなくて味噌汁用と言ってました。これはざっかけない方。
 

「水玉みせびらかし」3

 投稿者:金阿弥陀仏  投稿日:2018年11月27日(火)23時28分32秒
返信・引用
  あずま通りの店は3回のぞいたけど、そのたんびに新たな水玉が入手できた。
それらはいずれ見せびらかすとして、この以前よく見かけた湯呑茶碗は、東京あたりじゃああまり売ってないけど、去年かおととしテレビで映った防衛大学かなんかの食堂の湯呑が、水玉で統一されてて大量にあったから、たくさん注文すれば作るとこが有るのかも知れない。
あと太神楽で傘の上で回されてるのも見かける。


水玉の大きめの物があずま通りのもの。口が広がってる型もすぼまってる型もです。
水玉の小さめのはそれぞれ他で買ったけど、ちょっと上品にみえますね。
 

「水玉みせびらかし」2

 投稿者:金阿弥陀仏  投稿日:2018年11月22日(木)23時26分53秒
返信・引用
  この土瓶を事務所で急須として使ってたけど、お茶はたいてい一人か二人分いれるだけなんで、実力を発揮できていないんじゃ。こいつの実力は中の写真の茶碗で、13杯いっぺんにいれる力があるのに。
やかん並の体格は弊社の経営規模を大きくしないと合わないのじゃ。しないけど。
んで、下の写真の急須を見つけてからは、土瓶は法事用となっておる。

この茶碗、急須共に池袋あずま通りにあった、やめかけた瀬戸物屋で買ったんじゃが、去年の暮れの頃だったか、行ってみたらさら地になっとった。
 

/44