チベット死者の書の掲示板

志のないもの入るべからず



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


45件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[47] P067チベット死者の書

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 9月 9日(日)02時55分53秒 zaq771a1e75.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

小坊主「生まれること・・・死ぬこと・・・」
老僧「お前にいい言葉を教えてやろう、インド人が考え
たものだ。

誕生の時には、お前が泣き、
全世界は喜びに沸く、
死ぬときには、全世界が泣き、
あなたは喜びにあふれる。
かくのごとく、生きることだ。

さあ、行こう」

二人ゆっくりと、荒れ果てた山道を歩いていく、頭上
には真っ青な空がひろがっている。




[44] P066チベット死者の書

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 9月 9日(日)02時41分48秒 zaq771a1e75.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

小坊主「では、生まれてくることは、喜びではない、と
いうのですか?」
老僧「死ぬことが、たんなる哀しみではないのと同じよう
うに、生まれることは、それだけで、喜ばしいことでは
ない」
小坊主「では、私たち、生まれてきてしまったものの生
には、意味がないのですか?」
老僧「生と死のむこうにある、心の本質を知ることがで
きたら、その生には意味があったということになるし、
それができなければ、無意味なことを積み重ねたことに
すぎないだろう。お前はなにも知らずに生れてきたが、
今は生まれてきたことの意味を、知りはじめている」



[43] P064チベット死者の書

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 9月 8日(土)23時48分23秒 zaq771a1e75.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

老僧「この最後のチャンスを逃した者には、自分が生ま
れてくることになる世界の光景が、次第にはっきりとつ
かめてくるようになるのだよ」
小坊主「では、動物に生まれてくるときには、どんな光
景があらわれてくるのですか」
老僧「洞窟や岩窟や、そまつな小屋などが、ぼんやりと
見えてくる。動物に再生する死者の意識は、それを母祖
の胎内で知覚する。母親である動物の意識も、そこには
影響を持つことになる」
小坊主「餓鬼の場合には?」
老僧「荒涼とした風景の全体が、黒く、揺れ動いている
ように、見えてくる。この世界はほんとうに苦しい、ぜ
ったいここへ入ってはだめだ」

小坊主「そんなときには、どうすればよいのですか?」
老僧「バルドも、ここまで来てしまったら、致し方ない、
意識を苦いもの、優しいもの、清浄なもののほうにむけ
て、餓鬼やアシュラなどの意識に、触れないようにする
ことだ。しかし、このときにはもう、観音菩薩の力によ
る、救い上げを待つしかない。最後のポワにかけるの
だ」



[42] P062チベット死者の書

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 9月 8日(土)23時15分59秒 zaq771a1e75.zaq.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

老僧「いよいよ、長かったバルドの旅も終わりをむかえ
ようとしている」
小坊主「『バルド・トドゥル』には、どうしてバルドで
解脱できなかった人が、最後に自分の生まれる世界を選
ぶことによって、悪い転生を防ぐ方法というのが説明さ
れているのだと聞きました」
老僧『バルドの旅の最後で、自分が生まれる世界の特徴
が、次第に眼前にあらわれてくるから、それを慎重に判
別して、悪い再生を防ぐことができるのだよ」

老僧「イー・キ・ルウ(肉体を持たない意識だけの身体)
となって、バルドを進んできた死者の意識が、次第に再
生の世界に近づいたことをしめす徴があらわれてくる。
前方に薄い微弱な光があらわれはじめるのである。それ
は色彩をもっている。天上の神々の世界をしめす白い薄
明かり、阿修羅の世界の赤色、人間の世界の青い色、動
物の世界をしめす緑色の薄明かり、餓鬼の世界の黄色の
薄明かり、地獄の世界の煙のモクモクとした薄明かりが、
あらわれてくるのだ、それにひかれてしまわないで、観
音菩薩に心をこめて、お祈りしなさい。これが最後のチ
ャンスなのだから」



[41] P060チベット死者の書

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 9月 8日(土)22時49分24秒 zaq771a1e75.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

小坊主「私たちは、カルマの力によって、輪廻にふたた
び生まれでます。カルマは心を動かす物理力のようなも
のです。私たちの心の本性は、もともと鈍粋の光として、
そのような物理力の影響を受けることがないのですが、
その心が、貪りや怒りや愚かさの三つの毒によって、汚
れて、力の連鎖反応に巻き込まれていってしまいます。
そのカルマの力は、死後の意識にまで大きな影響をあた
えて、つぎの再生の形を決定する力を、持つことになる
のです」




[40] P059チベット死者の書

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 9月 8日(土)22時31分51秒 zaq771a1e75.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

ない。この牛をごらん。いまは牛だがかつての生であ
の牛は、お前のお母さんだったことがある。そのとき
お前にとっても、優しくしてくれたはずだ」

小坊主は、牛を優しくなでている、先輩に言った。

「その優しい牛が殺されたりしたら、どうだろう。お
前に優しいお母さんだった生き物が、苦しみながら死ん
でいくことになるんのだよ。そのことを、よく考えてみ
な」

小坊主はその言葉を思い出して、急に悲しい思いに襲わ
れた。涙までこぼれでてきた。

小坊主の独白「心の流れが、とだえないから、生命には
再生があるから、人は世界にたいして、ほんとうに優し
くなれるのだ、とあと先生は教えてくれた」



[39] P058チベット死者の書

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 9月 8日(土)22時05分49秒 zaq771a1e75.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

小坊主「お父さんも、お母さんも、おじいさんも、おば
あさんも、僕のまわりにいるみんなが、生き物の生まれ
かわりを信じて、疑っていない、でも、ほんとうの再生
などがあるのだろうか」

小坊主は寺の中庭でくつろいでいる、先輩のお母さんた
ちに質問してみようとする。プリティブな質問なのに、
みんな一生懸命に答えてくれる。

別のラマ僧(小坊主にむかい)「死んだら、なにもかも
なくなってしまうというのか。そんなばかなことがあっ
てたまるかい。有機体でできたこの身体は、かならず滅
びる。でも、生命はそれぞれの生命の死をこえて、流れ
つづけるのだよ」
また別のラマ僧(小坊主にむかい)「心の流れは、有機
体が死んでも、続く、だから、この世界にある生き物で、
一度たりとお前のお父さんやお母さんでなかったものは



[38] P056チベット死者の書

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 9月 8日(土)21時48分57秒 zaq771a1e75.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

老僧「キェー、キェー、善い人、よく聞きなさい。いま
まであなたは前の生でもらった自分の身体のイメージを、
まだ保ち持っていた。ところが、いまやそれがだんだん
かすんできて、かわって次の生で受けようとしている、
新しい身体のイメージが、はっきりと浮かんでくるよう
になる、それを知ったあなたは、悲しい気持ちになって
くる。「こんなに苦しいのだから、どんなものにでも、
再生してしまいたい』という気持ちがわいてくる。そこ
で、自分に近づいてくるものならなんでもいいとばかり
に、そっちのほうにふらふらとついていってしまいそう
になる。自分が生まれるはずの世界を、正確に見抜きな
さい。そして、キェー、キェー、善い人よ、細心の注意
を払い、輪廻にむかうかわりに、観音菩薩のほうにむか
い、六つの形をした輪廻に落ち込んでいくのを、可能な
かぎり、防止しなければならない」



[37] P055チベット死者の書

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 9月 8日(土)21時28分14秒 zaq771a1e75.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

小坊主の独白「あの人は、とうとう再生のバルドにまで、
やってきてしまった。今まであらわれた、さまざまなバ
ルドであたえられた、またとないチャンスを、あの人は
ことごとく逃して来てしまったのだ。あの人は、いよい
よ再生にむかう、最後のバルドに入っていこうとしてい
る、六つのちがった構造をもつ、輪廻の世界のどこかに、
またあの人は生まれ出ようとしている」



[36] P054チベット死者の書

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 9月 8日(土)21時19分46秒 zaq771a1e75.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

小坊主「いよいよ再生に近づいてきました。このとき、
死者の前には、地獄に住むヤマ法王(シンジェ)が出現し
てきて、生前の行為の善し悪しを判断して、その人がつ
ぎの生で悪い条件に生まれるべきかどうかを、決定する
のです。ヤマ王はとても恐ろしい姿をしているといいま
すから、人々は恐れおののいてしまいます。でも先生は、
その恐ろしい姿だって、自分の心の本性と異なるもので
はないのだから、幻影のとりこになってはいけませんよ、
と死者にさとすのでした」


レンタル掲示板
45件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.