teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 地域福祉フォーラムinTOYAMA

 投稿者:どんちゃん  投稿日:2017年 3月12日(日)23時18分50秒
返信・引用
  地域福祉フォーラムに行って来ました。
以前から気になっていた本「障害者のリアル×東大生のリアル」を思いもかけず購入でき、嬉しかったです。
サインまでして頂きました??

> 第7回 地域福祉フォーラム in TOYAMA ~障害者差別解消法・合理的配慮!福祉の転換期に知りたいこと~   平成28年4月に障害者差別解消法が施行され「合理的配慮」の言葉を耳にする機会が増えてきました。言葉だけがひとり歩きするようなことがないよう、私たちにどのようなアプローチができるのか、どのような「しくみ」が必要なのかについて様々な視点から考えたいと思います。夜の部には映画の上映も予定していますので、是非皆様の参加をお待ちしております。 日時:平成29年3月4日(土) 開場   9:00 9:30~17:10 夜の部 19:00~21:30   会場:富山県高岡文化ホール 1階多目的小ホール (高岡市中川園町13-1)   参加費:4,000円 (夜の部のみの参加は1,500円)   ※学生は無料です   交流会:1,500円(希望者のみになります) ※高岡文化ホール内にて交流会を 企画しています   9:30~10:40 シンポジウム 『教育現場最前線!発達障害の子どもたちに求められる合理的配慮は何ですか?』 百生 輝美 氏 (となみ野高等学校 特別支援コーディネーター) 山口 久美 氏 (SNOW DREAM 代表) 鷹西 恒  氏 (富山福祉短期大学 教授)   10:50~11:50 講演 『野沢さん!合理的配慮は本当に定着しますか? ~障害者差別解消法について詳しく教えてください~』 野沢 和弘 氏(毎日新聞論説委員)   12:50~14:00 ワークショップ 皆で考え、もちよることで支える 『「誰一人取り残さない」地域社会づくりプロジェクト(CBID) ~できることもちよりワークショップin入善の報告~』 鈴木 直也 氏(特定非営利活動法人起業支援ネット 副代表理事) 西島 亜希 氏(特定非営利活動法人 工房あおの丘 代表)   14:05~15:05 基調講演 『社会保障制度の動向と障害福祉の課題 ~持続可能な社会と社会保障をどのように維持していけばよいのか~』 菊池 馨実 氏(早稲田大学 法学学術院教授)   『成年後見制度のこれから ~成年後見制度利用促進基本計画~』 中島 誠  氏(内閣府 子ども子育て本部審議官成年後見制度利用促進担当室長)   15:55~17:10 対談 『0歳~100歳をくるみこむ。地域密着の医療・福祉連携』 紅谷 浩之 氏(オレンジホームケアクリニック 代表) 戸枝 陽基 氏(社会福祉法人むそう 理事長) 高田 篤史 氏(富山県厚生部障害福祉課地域生活支援係係長) 梶原 厚子 氏(医療法人財団はるたか会 統括看護管理者・看護師)   17:40~18:55 交流会 高岡文化ホール内にて開催   繋がる第1歩!高岡文化ホール2階 第1~3和室にて開催   19:00~21:30 映画上映会 『医療依存度の高い子どもたちのドキュメンタリー映画 「姫と王子たち」上映会(主催 NPO法人ふわり)』(105分) 『映画終了後はミニトークショー』  戸枝 陽基 氏×野沢 和弘 氏×岡本 久子! ~福祉に関わる人達に伝えたいこと~   参加申し込みは、ブログ(http://blog.canpan.info/genkitfn/)から申し込みフォームに入っていただき、必要事項をご記入いただくか、 下記に氏名等をご記入いただき、FAXにてお送りください。facebookのページもありますので、ご覧下さい。 ※FAX先:0766-54-0465 (申込みは平成29年2月27日(月)までとさせて頂きます) ≪お問い合わせ≫  とやま地域福祉ネットワーク事務局 ●TEL 0766-54-6181(NPO法人ロシナンテ 担当:石川) ●FAX 0766-54-0465 ●メールアドレス:genkidasouzetfn@gmail.com    ●ブログ:http://blog.canpan.info/genkitfn/ ●facebook:www.facebook.com/ToyamaDeYuFuZhinettowakuCistoyama
>
 
 

地域福祉フォーラムinTOYAMA

 投稿者:このゆび中川  投稿日:2017年 2月 9日(木)18時54分28秒
返信・引用
  第7回 地域福祉フォーラム in TOYAMA ~障害者差別解消法・合理的配慮!福祉の転換期に知りたいこと~   平成28年4月に障害者差別解消法が施行され「合理的配慮」の言葉を耳にする機会が増えてきました。言葉だけがひとり歩きするようなことがないよう、私たちにどのようなアプローチができるのか、どのような「しくみ」が必要なのかについて様々な視点から考えたいと思います。夜の部には映画の上映も予定していますので、是非皆様の参加をお待ちしております。 日時:平成29年3月4日(土) 開場   9:00 9:30~17:10 夜の部 19:00~21:30   会場:富山県高岡文化ホール 1階多目的小ホール (高岡市中川園町13-1)   参加費:4,000円 (夜の部のみの参加は1,500円)   ※学生は無料です   交流会:1,500円(希望者のみになります) ※高岡文化ホール内にて交流会を 企画しています   9:30~10:40 シンポジウム 『教育現場最前線!発達障害の子どもたちに求められる合理的配慮は何ですか?』 百生 輝美 氏 (となみ野高等学校 特別支援コーディネーター) 山口 久美 氏 (SNOW DREAM 代表) 鷹西 恒  氏 (富山福祉短期大学 教授)   10:50~11:50 講演 『野沢さん!合理的配慮は本当に定着しますか? ~障害者差別解消法について詳しく教えてください~』 野沢 和弘 氏(毎日新聞論説委員)   12:50~14:00 ワークショップ 皆で考え、もちよることで支える 『「誰一人取り残さない」地域社会づくりプロジェクト(CBID) ~できることもちよりワークショップin入善の報告~』 鈴木 直也 氏(特定非営利活動法人起業支援ネット 副代表理事) 西島 亜希 氏(特定非営利活動法人 工房あおの丘 代表)   14:05~15:05 基調講演 『社会保障制度の動向と障害福祉の課題 ~持続可能な社会と社会保障をどのように維持していけばよいのか~』 菊池 馨実 氏(早稲田大学 法学学術院教授)   『成年後見制度のこれから ~成年後見制度利用促進基本計画~』 中島 誠  氏(内閣府 子ども子育て本部審議官成年後見制度利用促進担当室長)   15:55~17:10 対談 『0歳~100歳をくるみこむ。地域密着の医療・福祉連携』 紅谷 浩之 氏(オレンジホームケアクリニック 代表) 戸枝 陽基 氏(社会福祉法人むそう 理事長) 高田 篤史 氏(富山県厚生部障害福祉課地域生活支援係係長) 梶原 厚子 氏(医療法人財団はるたか会 統括看護管理者・看護師)   17:40~18:55 交流会 高岡文化ホール内にて開催   繋がる第1歩!高岡文化ホール2階 第1~3和室にて開催   19:00~21:30 映画上映会 『医療依存度の高い子どもたちのドキュメンタリー映画 「姫と王子たち」上映会(主催 NPO法人ふわり)』(105分) 『映画終了後はミニトークショー』  戸枝 陽基 氏×野沢 和弘 氏×岡本 久子! ~福祉に関わる人達に伝えたいこと~   参加申し込みは、ブログ(http://blog.canpan.info/genkitfn/)から申し込みフォームに入っていただき、必要事項をご記入いただくか、 下記に氏名等をご記入いただき、FAXにてお送りください。facebookのページもありますので、ご覧下さい。 ※FAX先:0766-54-0465 (申込みは平成29年2月27日(月)までとさせて頂きます) ≪お問い合わせ≫  とやま地域福祉ネットワーク事務局 ●TEL 0766-54-6181(NPO法人ロシナンテ 担当:石川) ●FAX 0766-54-0465 ●メールアドレス:genkidasouzetfn@gmail.com    ●ブログ:http://blog.canpan.info/genkitfn/ ●facebook:www.facebook.com/ToyamaDeYuFuZhinettowakuCistoyama
 

福祉フォーラム

 投稿者:どんちゃん  投稿日:2016年 3月 6日(日)00時15分13秒
返信・引用
  福祉フォーラムに行って来ました。
生きづらい方達にとことん寄り添う姿勢に感動しました。もっとお話しを聞きたかったです。
 

第6回地域福祉フォーラム

 投稿者:このゆび中川  投稿日:2016年 2月25日(木)18時12分36秒
返信・引用
  フォーラムへのお誘い

平成28年3月5日(土)に高岡文化ホールにて催されます。
興味のある方、ぜひご参加ください。

詳細はこちらを↓
http://blog.canpan.info/genkitfn/img/E7ACAC6E59B9EE59CB0E59F9FE7A68FE7A589E38395E382A9E383BCE383A9E383A0EFBC9AE38391E383B3E38395E383ACE38383E38388EFBC88E8A38FEFBC89151229.pdf
 

富山型デイ交流会

 投稿者:ヤマケン  投稿日:2016年 1月18日(月)18時06分9秒
返信・引用
  昨年12月11日に行った交流会の様子です。
今年も12月上旬にやる予定なので、参加したい方はぜひ早めに教えてくださいね!
このゆびとーまれ 山口
 

寝たきりの人のデイサービスについて

 投稿者:麹ミソ  投稿日:2016年 1月 4日(月)20時36分50秒
返信・引用
  はじめまして。
第1回の富山型デイサービスの全国大会の前年から、毎年富山に通って、デイサービスを勉強させていただいています。
私の地元ではなかなか富山型のようなサービスができないので、県や市と戦って、いや、話し合いを続けています。
今は、
「寝たきりの人がデイサービスを受けるなんておかしいでしょう。
寝たきりの人がデイサービスを利用すること自体が間違っています。」
「ケアプランに痰吸引が書いてないのに痰吸引をするなんていけません。ケアプランに書いてないことはしてはいけません」
と言われて困っています。
いろいろご指導、ご意見を賜りたいと思いますので、よろしくお願いします。

Facebookページのリンクをつけました。
ログインしなくても閲覧できます。
https://www.facebook.com/egaohome/?fref=nf

https://www.facebook.com/egaohome/?fref=nf

 

感染症対策について

 投稿者:リハビリホーム一歩阿部  投稿日:2015年 3月12日(木)12時42分59秒
返信・引用
  はじめまして。埼玉県上尾市で「リハビリホーム一歩」というデイサービスをやっている阿部と申します。必要性を感じ、今度、保育所とデイサービスの併設した施設を作ろうと今準備をしています。その中で、富山型デイサービスの紹介を見て刺激を受けまして、共生に近い形の施設が作りたく、1つの空間の中で腰の高さの壁で双方の仕切りを作り、常に一体感が得られるようにしたいと考えました。
しかしながら、行政に相談したところ、感染症の問題があるので、完全に仕切ってくれと言われました。何かちゃんとした法的根拠が分からず、感染症の問題で許可ができないと言われ、戸惑っています。何か、富山型デイサービスでは、そういった対策や感染症に対する対策はありますでしょうか?
お忙しいところ申し訳ありませんが、ご意見いただけたら幸いです。
ちなみに、保育所定員10名、デイサービス定員30名で考えています。
メールアドレス:info@reha-ippo.net
 

研修会お誘い

 投稿者:中川  投稿日:2014年10月26日(日)21時58分7秒
返信・引用
  このゆびとーまれの中川です。
いろんな話が聞けるお勧めの研修です。いかがですか。

本当に困っている人にどんなサポートが必要ですか? ~ガチでやらなきゃ始まらない!
~ 日時
11月29日(土)    13:00~16:30
(受付12:30~)
場所
富山福祉短期大学 (射水市三ケ579)       1号館 301号室
参加費1,000円
(学生の方は無料)
  13:00
『生活困窮者自立支援法の概要について』      講師 富山県厚生部(調整中) 14:00 シンポジウム『本当に困っている人にどんなサポートが必要ですか?~ガチでやらなきゃ始まらない!~』       シンポジスト       四十物 和雄 氏
 ホームレス等の支援    加藤 愛理子 氏(富山YMCAフリースクール講師・みやの森カフェ(Ponteとやま)主宰)
家族・支援者・発達障がい者等の支援        林 敦也 氏
(富山ダルク)
 薬物依存症等の支援    元島 生 氏
(コミュニティハウスひとのま・よりそいホットライン富山センターコーディネーター)
 不登校・引きこもり・若者、困っている人等の支援
森脇 俊二 氏
(氷見市社会福祉協議会 事務局次長・ふくし相談サポートセンター)     障がい者・様々な生活課題のある世帯・制度に当てはまらない生活課題を抱えた人等の支援
コーディネーター     鈴木 直也 氏(起業支援ネット 副代表理事)

資源が限られている地域の中で、障がい・引きこもり・不登校・依存症・ホームレス・社会的孤立等を抱えている人や家族、支援者に必要なサポートとはどんなことなのか?複合的な問題を抱える人をどう地域で支え、そしてコミュニティに繋げていくことはできるのか? 見えにくい生きづらさ、聞こえにくい小さき声に超高感度な登壇者が、時には制度さえも追い越してしまうガチな実践を通して、やらなくてはいけないことを伝えてくれます! 誰が生きにくくて、誰が豊かなのか…一緒に考えませんか?
  主催/とやま地域福祉ネットワーク(Cisとやま)       後援/富山県、富山県社会福祉協議会、富山県手をつなぐ育成会、富山福祉短期大学、富山県社会福祉士会、射水市

シンポジウムの後、カフェふたばにて交流会を企画しています。 シンポジストの方々やみなさんと、和気あいあいとした雰囲気の中で意見交換や雑談など盛り上がりませんか? ぜひお誘いあわせの上ご参加ください。
場所 カフェふたば
(高岡市佐野1390)
時間
17:30~ 参加費 3,500円

(お問い合わせ)
とやま地域福祉ネットワーク事務局
TEL0766-54-6181(NPO法人ロシナンテ内:担当 石川)
 メール genkidasouzeftn@gmail.com
(お申込み)
とやま地域福祉ネットワークのブログ、フェイスブックから申し込みができます。
 

出張陶芸教室

 投稿者:陶芸工房コネル 加藤聡  投稿日:2014年 5月31日(土)22時31分1秒
返信・引用
  どうもはじめまして、私は普段市民プラザ、一階の陶芸工房コネルで陶芸インストラクターとして陶芸を教えている加藤聡です、このたび出張陶芸教室をはじめましたのでまたお願いします、とても楽しくリフレッシュしながら作ることが出来るので興味のある方は、陶芸工房コネル TEL076-464-5552 まで連絡くださいお願いします(..)また皆さんの仕事場におじゃますると思いますので、その時はまたよろしくお願いします。  

第4回地域福祉フォーラム in TOYAMA

 投稿者:中川  投稿日:2014年 2月12日(水)18時34分50秒
返信・引用
  このゆびとーまれの中川です。
知り合いのフォーラムの宣伝をさせてください。

<日時>
2014年3月1日 9:30~17:50
<場所>
富山県高岡市文化ホール (高岡市中川園町13-1)
<内容>
 4回目になります今回のフォーラムでは、今現在の国の動向を知り、地域生活を支える「医・職・住」「子どもの発達」にスポットをあてます。それぞれの領域での先駆的な県内外の取り組みを学ぶことによって、「共生社会の実現に必要なもの」とはなにかを考えたいと思っています。是非、ご参加ください。

詳細は次のブログ、もしくは一番下のPDFファイルを参照して下さい。
http://blog.canpan.info/genkitfn/



http://blog.canpan.info/genkitfn/img/2EFBC95E5B9B4E5BAA6E38395E382A9E383BCE383A9E383A0E38381E383A9E382B7E8A38FE5A489E69BB4140127.pdf

 

富山型交流会

 投稿者:ヤマケン  投稿日:2014年 1月10日(金)19時54分36秒
返信・引用
  昨年12月11日に行った富山型デイ交流会の様子です。
参加して下さったみなさん、本当にありがとうございました。
また、今年もやりましょうねー
このゆび 山口
 

今年もやります交流会

 投稿者:管理人ヤマケン  投稿日:2013年11月20日(水)19時46分59秒
返信・引用
  富山デイのお仲間の皆さん、今年も「富山型デイ職員交流会」をやろうと思います。
日時は12月11日(水)夜7:30から、場所は日本海庄や 富山駅前店です。

昨年はこじんまり10人程度での宴会だったのですが、今年は20人以上集めて賑やかにしたいなーと思っています。
日ごろのストレス発散&モチベーションアップのために、参加しませんか?
ご希望の方は、このゆびとーまれ 山口まで、お気軽に連絡ください。
メール
konoyubi@r9.dion.ne.jp

http://www.geocities.jp/kono_yubi/

 

理想と現実

 投稿者:ts  投稿日:2013年 6月11日(火)18時04分9秒
返信・引用
  私は介護の勉強をしていますが、理想と現実の違いが大きく戸惑っています。講義でDVDを見ましたが、介護の理想は利用者さんが、最期の時までお手伝いができることなのかもしれません。富山型の介護は、とても大変なことと感じますが、利用者さんにとっては良い場所だと思いますので、富山型が一般的な施設になり、たくさん増えてくれれば良いと感じました。あなたみたいな施設で働きたいです。
--
 

福祉とは?

 投稿者:卒業したい支援員  投稿日:2013年 3月18日(月)05時53分50秒
返信・引用
  はじめまして!
障がい者の施設に働き始めて6月で、丸八年が経過します。私もとても悩んでおります。
2008年4月ある施設に異動してから施設長を筆頭に主任、支援員は日常茶飯事利用者に
虐待を繰り返しておりました。恐怖心を与える卑劣なやり方に私は、我慢ができず、
施設長に主任にこれは支援ではありません。虐待です!と訴えました。
しかし女性職員は、「利用者が悪いのだからお仕置きしてどうして悪いの?」と疑問に思っているのです。
利用者も職員も不幸です。麻痺していて自分が何をしているのかさえ気がつかないのです。
そして理事長にこんなことことが許されるのか?と言った所、何の問題もないと話を聞こうともしませんでした。そんな矢先新聞記事に理事長の名前が出ました。作業所の不正請求について取り上げられました。

私は、議員に相談し行政の部長に内密に話をしました。それから5年経過しましたが、
どんどん職員への待遇は悪くなりました。虐待をしていた人が施設長に、隠ぺい工作をした施設長が
今では、理事長の片腕になり人事などを仕切っています。
虐待があった施設では、職員がうつになり今年2月で退社。
契約社員は契約満了という形で三人退職を余儀なくされています。
理事長の趣旨としてこれからは、男性で若い職員に変えて人を育てたいという考え方で…

更に追い討ちをかけるように、同市にある精神障がい者のケアホームも
あまりの酷さに行政が聞き取り調査を職員一人一人に事実確認しました。

福祉とは一体なんなんでしょう?
金儲けに走って肝心なことを忘れてしまっている。
行政も指導しきれないならもっと有能な指導員を送り出すべきだ。
法律に触れていないから、許していいのか?
つぶれてしまったら、利用者が大変になる。なら大変にならないように配慮するのが
行政の仕事でしょう!
行政も面倒なことは嫌なのはわかるが、我々税金で成り立っているなら猶更真剣に利用者や
職員のことを考えて欲しい。
今もトラウマを克服できない利用者を私を助けて欲しい。
いつになったらここの施設から卒業できるのだろうか?
私はどうすれば良かったか悔やまれて仕方がないです。
こんな時どうされていますか?
良きアドバイスを!


 

ケアの考え方の違いは解消する方法などアドバイス頂ければ幸いです。

 投稿者:GH職員です。  投稿日:2013年 3月18日(月)02時32分48秒
返信・引用
  はじめして。
この掲示板に書き込みしてもいいものか迷いましたが、悩み相談を書き込ませて頂きます。

私は32歳男性でグループホームに勤務して7年になります。介護士としては11年目になります。

私の経歴を簡単に説明させて頂きます。
高校卒業後に製造業の職員として工場勤務をしていましたが、祖父がきっかけで介護の道に進みました。一番最初は150床を越える大きな医療法人の特養に就職しました。
しかし、大規模過ぎるのか、オムツ交換と食事介助の毎日、それも素早く!利用者さんと話す機会はほとんどありませんでした。言い方はよくないかもしれませんが、工場の流れ作業とあまり変わらない印象でした。
そんな時、今の法人の理念に共感し特養を辞職し、その法人のデイケア職員として就職し、現在のグループホームに移動になりました。
と、こんな感じです。

そして今の悩みは、理念はいいこと書いてありますが、実際のケアの質とはまったく異なっている点です。
【一つ目の悩み】
今から5年前になりますが、私の施設で利用者に対して精神的な虐待がありました。私はその事実を施設長に相談した結果、虐待をしていた3名の職員の解雇という事になりました。
しかし、虐待が起こる原因の一つに職場の体質という面には改善はなく、結果的に新しく入った職員も虐待をするようになって行きました。
そして昨年の10月に、職員が利用者に手を上げるようになりました。「〇〇ちゃん何で出来ないんですかパチン!」「廊下をパタパタ歩くな!うるさい!パチン!」「汚い触らんといて!あっちいこ!」といった様な光景が日常になっていました。
施設長に何度も相談をしましたが、話を聞いてくれるだけでした。それに加えて、虐待を行った職員の1人は責任者でした。虐待はエスカレートする一方でした。
1人の雇われている職員として、その行動は正しかったのか今でも悩みますが、私ではどうすることも出来なかったので、法人の本部に事実を伝えました。しばらくして全職員の面接があり、結果は「不適切なケアがあった、不適切ケアの段階で対応する事で、虐待につなげない」という報告書でした。その後は私がチクッたと言われるようになり、チームワークが乱れました。今も無視される事があります。職員とのコミニュケーションがとれなくなってしまい結果として良いケアが出来なくなってしまいました。事務長からは、時間が解決してくれますというアドバイスだけです。所長からは、なぜ本部に言ったんですか?このグループホームが運営出来なくなったらどうするのですか?と指摘を受けました。

【2つ目の悩み】
ケアの考え方が違うという事です。
事例をあげると、
お金を盗まれたという訴えをされた利用者さんがいました。そして職員に対して暴力がありました。その方に対して、向精神薬が処方されました。
この方は、実際にお金を所持していましたが、部屋のどこかにしまったその事実と持っていた金額を忘れてしまっているだけですが、その職員は5000円しかないはずなのに10000円と言っている。妄想があるって感情的になっていると思ったようで、手がつけられないと部屋に鍵を掛けて閉じ込めました。しかし、その利用者さんは内側から鍵を開けて、出てきて、鍵を掛けても無駄ねんよ!と職員を叩きました。というのが敬意です。
私は、それに対して利用者さんと一緒に部屋の中を探しました。5000円は見つかりましたが、残りの5000円はもともと無いので見つかりませんでした。でも利用者さんは私に「もういいよ。たかが5000円で腹を立てるもの恥ずかしいし、ありがとう」と言われました。その後は穏やかに皆さんと過ごされました。その事実から私は職員の対応がおかしかった。向精神薬は必要ないのではないか?と訴えましたが、それはあなたの考えだ!向精神薬で落ち着かせてコミニュケーションをとる方法もある。認知症が進行すると会話が分からなくなるから出来ないやろ?と言われたので、コミニュケーションをとるのに認知症とか関係ないと思います。私はコミニュケーションをとるときにいちいちこの方は、中度の認知症だからとか考えません。この人は何をいいたいのだろう?何をしたいのだろう?などを考えて会話などをします。認知症で分からなくなったら何かを訴える事も禁止されるのですか?と言い返すと、自分の考えが一番正しいと思うのか?皆も介護士として経験があるんだ!と事務長より指摘されました。
今の施設は、時間がないなどの理由から利用者さんの訴え・欲求に一切答えられていません。なので欲求は溜まっていくと思います。
そして、事務長が事務しか経験がなく、ケアについて話し合っても話が通じない面があります。

そんなこんながあって、今は仕事に行く事が嫌になって来ています。私には考えの違いというより、目指しているものが違うと感じています。
私と仲が良かった2名の職員の内、1名は退社され、もう1名は移動願いを出されました。2名がいなくなるという事は私にとって苦痛が大きくなるばかりです。
私も退社しようと思いましたが、現在フロアー責任者をしている為、引継ぎも出来ないままだと利用者を見捨てる事になるのでは?という考えが頭をよぎり決断ができません。退社すること事態認めてもらっていません。

私は何が最前なのでしょうか?自分がやりたいケアを求めてもいいのでしょうか?

長い文章ですいません。
 

地域福祉フォーラム

 投稿者:中川  投稿日:2013年 3月 2日(土)01時40分0秒
返信・引用
  このゆびとーまれの中川です。
知り合いのフォーラムの宣伝をさせてください。

<日時>
2013年3月9日 10:00~18:00

<場所>
富山県高岡市文化ホール (高岡市中川園町13-1)


参加費 : 2,500円  定員100名
地域福祉フォーラムinTOYAMAも第三回を迎えることとなりました。障害者総合支援法の基本理念でもあります「地域社会における共生の実現」「本当の意味での社会参加」のため、私たちには何ができるのでしょうか。今回は、より制度を理解し・より良い未来への思いを共有するきっかけとなるフォーラムになればと考えています。

 プログラム (予定)
 10:00~10:15 挨拶
10:15~11:30
幼児期・学齢期の発達保障
~障がいのある子どもたちが、ゆたかに育つ家庭、学校、地域をつくるには~
シンポジスト
 下田 亜由美 氏(富山県発達障害者支援センターありそ)
  柿本 尚子 氏(魚津市 障害者生活支援センター)、他
コーディネーター
  室林 孝嗣 氏(富山国際大学講師)
11:40~12:50
障害者総合支援法・意思決定支援 ~私たちはこの法律をどう活かすのか~
又村 あおい 氏(全日本手をつなぐ育成会)
14:00~15:00
基調講演
『自己肯定感・エンパワメント・パートナーシップ~これからの支援を考える~』
 明橋 大二 氏(真生会富山病院 心療内科部長)
15:10~16:10
メッセージ ~障害福祉の未来へ、支えるひとたちへ~
 中島 誠 氏(企業年金連合会会員センター長、前厚生労働省障害保健福祉部企画課長)
16:20~18:00
これからの障害福祉を考える ~未来に向けて 障がい福祉の形はどうなっていくのか~
中島 誠 氏(企業年金連合会会員センター長、前厚生労働省障害保健福祉部企画課長)
又村 あおい氏(全日本手をつなぐ育成会)
衛藤 晟一 氏(内閣総理大臣補佐官)17:15分ごろから登壇予定です。
コーディネーター
戸枝 陽基 氏(社会福祉法人むそう 理事長)

主催/ NPO法人とやま地域福祉ネットワーク
共催/ 富山県手をつなぐ育成会
後援/ 富山県 高岡市 富山県教育委員会 富山県社会福祉協議会 高岡市手をつなぐ育成会 北日本新聞社
≪お問い合わせ≫NPO法人とやま地域福祉ネットワーク事務局
TEL 0766-54-6181(NP法人ロシナンテ 担当 石川)
申込みはこちら http://form1.fc2.com/form/?id=800879

http://blog.canpan.info/genkitfn/archive/115

 

交流会のお誘い

 投稿者:管理人ヤマケン  投稿日:2012年11月13日(火)19時49分59秒
返信・引用
  募集です。
今年も「富山型デイサービス職員交流会」を開催しようと思います。
日時は12月6日(木)夜7:30から、場所は今のところ未定です。

今回は10人程度の小規模にして、じっくり「福祉を語る」会にしたいなあと勝手に思っています。お仲間のみなさん、ぜひご参加をお願いします。
ご希望の方は、このゆびとーまれ山口まで、お気軽に連絡ください。

メール
konoyubi@r9.dion.ne.jp
 

交流会の写真

 投稿者:管理人ヤマケン  投稿日:2012年 2月26日(日)15時39分7秒
返信・引用
  大変遅くなりましたが、交流会の模様をアップします。
みなさん、沢山集まって下さってありがとうございましたー。
このゆび山口

http://www.geocities.jp/kono_yubi/

 

今年も交流会やります!

 投稿者:管理人ヤマケン  投稿日:2011年11月15日(火)20時33分57秒
返信・引用
  お仲間の皆さん、今年も「富山型デイサービス職員交流会」をひらこうと思います。
日時は12月9日(金)夜7:30から、場所は荒町「しょうわshow-wa」です。

ぜひ、日ごろのストレス解消&モチベーションアップのために、参加しませんか?
ご希望の方は、このゆびとーまれ 山口まで、お気軽に連絡ください。
メール
konoyubi@r9.dion.ne.jp

http://www.geocities.jp/kono_yubi/

 

「交流会」写真

 投稿者:このゆびとーまれヤマケンメール  投稿日:2010年12月20日(月)18時19分22秒
返信・引用
  今月14日に「富山型デイサービス職員交流会」を行いました。
参加者みんな気さくな方ばかりで、大盛り上がりでした~。
参加してくださった31名もの方達、ありがとうございました。
来年もやりましょうねー!
山口

http://www.geocities.jp/kono_yubi/

 

レンタル掲示板
/3