teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: ゆるしの実践

 投稿者:satocoo  投稿日:2013年11月12日(火)15時03分57秒
返信・引用
  くみちゃん、シェアをありがとう。

くみちゃんが、そのままを書いてくれたので、
私も、自分の体験をそのままブログにアップしました。
そのままが、やっぱり一番、心に響くので。
(まあ、私の文章が響くかどうかはまた別の話だけど)

身近な人が、私の心を動揺させるとき、
こう考えれば、もう少し気持ちが楽になるのに、とか、
こうすれば、もう少し早く解決するのに、というふうに、私は自分の心を使ってきました。
そして、そんなふうに考えたり、そんなふうに行動したりしない人を目の前に、
もやもやの心でお手玉をするようなことを、私はしていました。

他人の気持ちは、当事者にしかわからないのだから、
当事者ではない私が、当事者の気持ちを推し量って、
こうすればいいのに、ああすればいいのに、というのは、ハウツーのスピリチュアルでしかない。
本当のスピリチュアルというのは、当事者の心に寄り添うだけ。
そして、当事者を見守る立場で、考えるべきことを考えるだけ。

そのことを、ある賢者の方に教えてもらってから、
身近な人にしても、テレビのニュースで報道されていることにしても、
私には、心に寄り添うことしかできないんだ、というところに立つことをしてきました。
そうすると、自然と、心が祈りに向かいます。

そうすると、すべてのことが、高次へと心を向ける「祈り」の機会になることに気がつきました。

大げさになってしまうけれど、世界のあり方が、変わったような感じがしています。
大事な人がいるということは、真摯に祈る機会が増えることなんだと感じています。

くみちゃんの、家族に向ける眼差しも、祈りそのものですね。

ユーフィーリングは、「ゆるし」に心を捧げるときに、私も特に意識しています。
ワークブックのその日のレッスンをしているときに、自然に湧き出てくることもあります。
はっきりとわかる感覚というのは、助けになるなあ、というのが実感です。
 
 

ゆるしの実践

 投稿者:くみ  投稿日:2013年11月12日(火)09時17分59秒
返信・引用
  数ヶ月前から、夫と息子がささいなことでけんかすることが多くなり、HSにお願いし続けていましたが、先月、ちょっとしたトラブルが起こり、とうとう二人は数週間、絶交状態になりました(といっても、子供はすぐ忘れてしまうので、夫一人がそうしていたという感じですが。笑)


最初、夫に対して息子の気持ちを伝えたり、取り繕うようなことをしてみましたが、思ったとおり、ますます殻に閉じこもっていくような感じになり、すべてをゆだねることにしました。


気まずい空気が流れる数週間、最初こそ「なんて意固地なんだろう」と思いましたが、自分がこういうことをとても恐れていたんだなと思ったし、家業を手伝わない長男の嫁という罪悪感を許してもらっているんだなと、だんだん心底、頭が下がる思いで平和な癒された気持ちになっていきました。



結局、今月に入り、法事で息子と私だけ実家に数日帰って戻ってきてみたら、何事もなかったかのように、息子と夫は仲良くなっていました。
しかも、新しいゲームのことで意気投合していて、笑ってしまいます。


またこれからもあるだろうけれど、何も起こっていない、私たち家族のより深い部分に触れることができ、ありがたい体験でした。



ちなみに、QEですが、あの後、自分で「yu feeling!」の本を読んでワークをやってみました。
自分でやると、穏やかな感じです。毎日きちんとはやっていませんが、感情的なときやACIMのレッスンの言葉が入ってこないときなど、助けになります。

ACIMのレッスンをやっていて、ユーフィーリングをすぐ感じることもあり、「あぁ、同じなんだな、こんな風に文章を読むだけでそうなっていたんだ」と発見することもありました。


書かせてもらって、ありがとう。

 

Re: よきこと

 投稿者:satocoo  投稿日:2013年 7月13日(土)10時56分51秒
返信・引用
  > No.2163[元記事へ]

くみちゃん、シェアをありがとう。

地球というこの場所で、肉体を別にする存在と、どうやってコミュニケーションをとっていったらいいか、
息子さんは全身で学んでいる姿を見せてくれたのですね。
それを見守りつづけたくみちゃんが、すばらしい。
家族のことは、見て見ぬふりなんてできないから、
愛を見るか、恐れを見るか、その二つの選択肢を意識的に選択しつづける機会をもらい、
選択した結果まできちんと目撃する意欲があれば、それを目撃させてもらえる、
ということを見せてもらいました。ありがとう。

神の「よきこと」は必ず目撃できるけど、
「いつ」「どんなかたちで」ということは、私たちのあずかり知らないこと。
「いつ」「どんなかたちで」ということを神にゆだねて、日々のことに心を尽くしていく。
それが今、私たちに求められていることだというのを、
私もつい最近の出来事を通して、学んでいる最中です。(その重要性に気づいたのはつい昨日でした)

今日のレッスン、「わたしは、未来を神の手に委ねます」は、
まさにそういうことなのだろう、と。
 

よきこと

 投稿者:くみ  投稿日:2013年 7月12日(金)14時15分11秒
返信・引用
  昨日、学校で息子の個人面談がありました。そこでの話をシェアさせてください。

春から小学校へ入学した彼は、家でもそう話していますが、楽しく学校生活をしているようです。周りのお友達と自然に仲良くし、お勉強もきちんと取り組んでいる様子を先生が話してくれました。

先生が「たまに、けんかしているお友達の間に入るというか、関わるということをしています。近くから黙ってみていて、しばらくしたら自分の意見をいうというようなことをしていますよ」と話してくれました。

幼稚園時代に本人が、ぶったり蹴ったり、やったりやられたりというのをずいぶんやりました。相手のお母さんとも「一人っ子だから、一緒に人間関係の練習をさせてね」と見守ったり。
その体験を本人なりに生かそうとしているのでしょうかねと先生に話したら、
「それはよい学びをしましたね」とおっしゃってくれました。


ちょうど、この下↓の投稿の頃、息子の暴力が激しくて、連日、ホーリースピリットにお願いしていました。

「私にはわかりません。これがどうしてあるのか、わかりません。どうか教えてください」と。
奇跡のコースをやっているのに、どうしてこんなことが続くのかとぶちぶち思うこともありました。
どれだけよきことか、まったくわかっていなかった。

時間がたつにつれ、相手の気持ちがわかったり、まわりのママ友の言葉に救われたり、スピリットはいろいろ見せてくれました。数ヶ月後には、トラブルがあったお友達ともとても仲良くなって、奇跡を体験できたと思っていました。
でも、よきことには続きがあった。


小学校入学後、幼稚園時代のママたちに会うと、たくさんではないけれど、口の暴力もふくめて、私たちの恐れをもれききます。自分の体験を話したり、心を寄せたり、瞑想して光をみたり。

人を恐れなくていいんだということを、スピリットとともに包み込むように見せてもらっています。



『スピリット・ジャンキー』読み終わりました。すごくほっとしました。このままでいいのだなと素直に思えた。自分の特質を探したり、求めたりしなくていいんだなと改めて、感じた。
スピリットを招きつづけるだけで。
まだ、エクササイズはやっていないけれど、これからやりたいと思う。

長くなりました。書かせてもらって、ありがとう。
 

Re: 自由への渇望

 投稿者:satocoo  投稿日:2012年 8月 1日(水)11時16分35秒
返信・引用
  くみちゃん、昨日はどうもありがとう。

> 本当の喜びは「奇跡のコース」を学んでいることなんだというのは、とても目の覚めることでした。

ああ。それは、本当にすばらしい……。
それに気づいてしまったら、自分が経験している現実は、
すべて学びのためのものだというところに立ててしまいますね。
それこそが、「勉強会」なり「シェア会」で実現すべきものなのでしょう。
最大の受け取り方をしてくれて、本当に、本当にありがとう。

私も、昨日はたくさんのものを受け取りました。
夜には、自分の「足りなさ」を感じるような思いが上がってきていたので、
それで反省会を開くのではなく、その思い全部をホーリースピリットにゆだねました。

ゆるして、ゆだねる、ということは、すっかりと忘れ去ってしまうことでもある。
なぜならそれは、もともと実在していなかったものなのだから。

昨日は、7月のセミナーの総ざらいと銘打っておきながら、ざっくりとかいつまんだ話しかできませんでした。
セミナーで受け取ったものは、全部渡していくので、セミナーに出る出ないには意識を残さなくていいですからね!
(しっかりと渡していきます!)

そして、他者に参加してもらいながら見ているファンタジーを手放して、
未知であり既知の「本当のこと」を、ホーリースピリットに教えて(見せて)もらいながら、
神の王国へと帰っていきましょう。

また、スピリチュアル・ヒーリングの練習、させてください。よろしくお願いします!
 

自由への渇望

 投稿者:くみ  投稿日:2012年 7月31日(火)21時46分34秒
返信・引用
  今日はいろいろな意味で、自分の気持ちがたくさんあふれ出た気がします。

主人に見ているように、自由でない状況に自分を縛りながら、自由を渇望しているんだなとすごく思った。

「根本的原因である恐れを根こそぎにしてくれるようお願いします」を本当に祈り、ゆるし続けていきたい。

本当の喜びは「奇跡のコース」を学んでいることなんだというのは、とても目の覚めることでした。

同じ時空間を共に喜んで創ってくださったとみえさん、えみこさん、本当にありがとう。
 

Re: とてつもない安心感

 投稿者:satocoo  投稿日:2012年 7月27日(金)10時46分56秒
返信・引用
  > No.2159[元記事へ]

NAOMIちゃん、シェアをありがとう。

たくさんのものを受け取って帰られたのですね。
シェアの時間も実り豊かな時間になったのですね。

よかったです。たくさん受け取ってくれて、たくさん与えてくれて、本当にありがとう。

よかったら、また参加してください。
NAOMIちゃんという存在を通して、また無限の宇宙を経験させてください。

久しぶりにお会いできてうれしかったです。
(ホント、きれいになって……)
 

とてつもない安心感

 投稿者:NAOMI  投稿日:2012年 7月27日(金)01時07分33秒
返信・引用
  ACIM★5レンジャーの皆様。今日はどうもありがとうございました。

初対面の人とは、ちょっぴりドキドキしながら、satocooさんとは、まっさらな気持ちで
向き合え?ますようにって、あれやこれやをホーリーちゃんに持っていってもらいました。

→ っていうか、satocooさんという人はもう、いなかった。(言いたいこと伝わってる?)

はじまったら、そんなエゴの声は鎮まって、とてつもない気持ちよさに包まれました。

5人の表現は違っても、どうやら私は
「大きなエネルギーの持ち主」「ピュア、無邪気」「受容する力が凄い」
というメッセージをいただきました。

ありのままを受け止めてもらえる存在と一緒にいるというのは
とっても安心感があったし、嬉しかったです。

そっか、貢献するってこういうことなんだなあって思いました。

そんな仲間がたくさんたくさん増えたら、さぞかし心強いですよね。

私も改めて心を鍛えたいと思いました。そして日常に生かしていくんだあああ!!


オープンスペースだったので、交流の時間も持つことができました。

今まで、「ゆるし」って、怒りについて「ゆるす」ことと安易に考えていたけど
それだけじゃなかったんだと知りました。

ある人に「悩み」「問題」のようなものがあって、その話を聞いている人は
その人へアドバイスするのではなく、自分がその人を弱い人だと磔刑にしないということ。

「その知覚を取り消して下さい」

それもゆるしなんだということ。

エゴでは「かわいそう」「大丈夫?」「じゃあ、××してみたら?」なんて思っていても

ホーリーちゃんは「あなたはそんなちっぽけな存在じゃありませんよ」って
導いてくれるってことでしょう??


あれえ?問題を抱えている人なのか、それを聞いている人のことなのか
なんだかわかんなくなったけど・・・(笑)


とにかく「取り消す」って凄いことじゃない? 「ゆるし」って凄いことじゃない?

それが奇跡を目撃するっていうことになっていくんだね。

うまく言えないけど、何か凄いものを受け取ったきがします。

ありがとうございます!!
 

Re: あの会です

 投稿者:satocoo  投稿日:2012年 7月26日(木)12時26分8秒
返信・引用
  八十(やそ)さん、ヒントをありがとう。

犬の話が出たのは覚えているのだけれど、果たしてそれを誰が口にしたのか、もやがかかる……。
でも、もしかして? いやいや、早合点?
名乗り合える(!)日を楽しみにしています。(^_~)//
 

あの会です

 投稿者:八十(やそ)  投稿日:2012年 7月26日(木)07時55分7秒
返信・引用
  シエアのお話でサポート活動を始められた方のお話しがありましたよね?
その場にいました(笑
飼っていた犬の話をしたものです。

これでお分かりになるかしら?(@^▽^@)?


 

Re: びっくりです

 投稿者:satocoo  投稿日:2012年 7月25日(水)14時35分37秒
返信・引用
  > No.2155[元記事へ]

八十(やそ)さんへ。

何度もお会いしているのは、香咲さんのセミナー会場で、ということですよね?
ブログに遊びに行かせていただきましたが、八十さんがどなただかわからず……。
今度、お会いするときは、お声をかけてくださいね! 楽しみにしています。
 

びっくりです

 投稿者:八十(やそ)  投稿日:2012年 7月25日(水)14時04分49秒
返信・引用
  こんにちは~。

ブログのシエア関係の記事を読みながら、これは聞いたことがある話、
あれ?これも聞いたことがある話。。。となって
satocooさんがどなたか分かりました。
何度もお会いしています。(笑

またお会いできるのを楽しみにしていますね~♪


 

Re: (無題)

 投稿者:satocoo  投稿日:2012年 7月21日(土)10時22分39秒
返信・引用
  > No.2153[元記事へ]

八十(やそ)さんは、前から2列目に座っていらしたのですね。
私の席からは死角だったかも……。

エミさん、はい、存じ上げています。
八十さんは、エミさんとお知り合いなのですね?
(近いところで、ニアミスしていそう……)

そう遠くない日に、お目にかかれそうですね。楽しみにしています。

7月のセミナー話はまだまだシェアしたいことがあるので、少しずつご紹介していきます。
ブログを読んでくださってありがとう。
 

(無題)

 投稿者:八十(やそ)  投稿日:2012年 7月20日(金)21時41分14秒
返信・引用
  >そのあとに、「もうひとりご紹介しておきますね」と香咲さんがご紹介くださったのが、私でした。

ええ?そうだったのですか?
もっとしっかり見ておけばよかった。
前から2列目に座っていたのでちょっと遠かったです。(残念)
次回は必ず受付で確認しますね。

エミさんはご存知ですか?(方角的にそちらのほうの方ですが)

シエア楽しみにしていますね~。

聖霊ラブ
 

Re: 香咲さんのセミナー

 投稿者:satocoo  投稿日:2012年 7月18日(水)10時15分45秒
返信・引用
  > No.2151[元記事へ]

八十(やそ)さん、こんにちは!

土日、参加してきました!
きっと八十さんもいらしているのだろうなー、
声をかけてもらえるとうれしいんだけどなー、と思っていました。

土曜日の第1回目のセミナー冒頭で、
ガイドブックの翻訳をされている水田眞紀子さんと
<じゃない会>のナビゲーター&2012版ワークブック・ブログの管理人の小野なおこさんが会場内でご紹介され、
そのあとに、「もうひとりご紹介しておきますね」と香咲さんがご紹介くださったのが、私でした。
次回ご参加の際には、受付窓口や書籍販売のスタッフに聞いてもらえば、お顔を確認してお会いできるので、
ぜひお声かけくださいね。

今回のセミナーは、みなさんのシェアもすばらしく、深い内容でした。
このブログでご紹介したい話もたくさんあるので、記憶も新しいうちにシェアさせていただきますね。
少しお待ちください。

書き込みをどうもありがとう!
 

香咲さんのセミナー

 投稿者:八十(やそ)  投稿日:2012年 7月17日(火)19時08分56秒
返信・引用
  こんにちは~。
以前メールをお出ししたのですが憶えていらっしゃいますでしょうか?

先日香咲さんのセミナーが東京でありましたが、satocooさんも出席されたのでしょうか?
私は、土、日に参加しました。

リーダー会には今現在何もしていませんので参加できなかったのですが
今日CRSの眞紀子さんのスカイプクラスに参加してお話しを少し聞きました。

またブログのほうでシエアできることがあれば是非教えてください。
よろしくお願いします。

では、また。
聖霊ラブ。

 

Re: ありがとうございます

 投稿者:satocoo  投稿日:2012年 6月10日(日)14時49分0秒
返信・引用 編集済
  > No.2149[元記事へ]

緑茶さんへ。

ひとつの質問が、自分の中を深く探ってみる機会になったのですね。

「レッスンは、やったかやらないかではなく、レッスンから何をどんなふうに受け取るかが、大事です」
と香咲さんがおっしゃっていますが、
同様に、神の兄弟たちが(たとえば質問というかたちで)あらわにしてくれたものも、
そこから解答(正解)を見つけにいくというよりも、自分の心を見つめ、
自分の心を訂正する機会として与えられているのでしょう。

そういった意味で、勉強会(と、それに続く時間)、いい時間を体験されましたね。

シェアをありがとうございます。
 

ありがとうございます

 投稿者:緑茶  投稿日:2012年 6月 8日(金)12時42分47秒
返信・引用
  satocooさん
お返事をありがとうございます。

私はこの質問を意識してから、「自分はなんと身体に依存しているのだろうか」と改めて認識しました。


私たちの命は永遠ですといわれているにもかかわらず、身体が無くなっても本当に私は存在しているのだろうか。
あまりにも当たり前なこの身体とそれを持つ自分。普段は疑問にも思わないでいる。
このあまりに馴染み深い、馴れきった関係。五感から得るものも然り。
この目で見ている、この耳で聞いている、この声で話している。身体を使って動いている。

その状態こそが、まるで存在の証しであるかのように。

なんと身体そのものに依存していたのでしょうか。

これら身体の五感を超えて、語りかけ、導いてくださる聖霊の働き。
そっと招いてくださった場所から見たときにやっと気付く、安住の場と思っていたことへの大きな勘違い。

しかしそれは決して身体を否定していることではないのでしょう。
今あるものを使って真実を見ることを、聞くことを、話し行動することを教えてくださっているように思います。

そうすると身体も重要なお役目があるのでしょうね。

今回一つの質問からいろいろと考えさせられました。
他の人の質問は貴重ですね。

依存するのではなく、そこに込められた願いに気付けるようになっていきたいと思います。

 

Re: 愛と平和と自由

 投稿者:satocoo  投稿日:2012年 6月 2日(土)23時52分32秒
返信・引用
  くみちゃんへ

> こじつけかもしれないけれど、スピリットからの返事だと思いました。

こじつけではありませんね。それがスピリットです。
心の力を使ったから、スピリットが呼びかけに答えてくれた。そのシンプルな流れが起きたのですね。
分かち合ってくれて、ありがとう。

くみちゃんのシェアを読んで、私も自分のスタンスが変わっていることに気づきました。

病気の方のお見舞いに行く、というと、とかく、
健康な側が、安心だったり元気だったりといったものを与える供給者、
病気の側がそれを受け取る受給者といった構図が私の中にあったんだなあ、と。
だから、かえって疲れさせてしまったらどうしよう、うまく元気づけられなかったらどうしよう、
というところに意識が向くと、足が向きにくかったりしたように思います。

でも、そうではない。

私たちは、相手が誰であれ、ホーリースピリットの姿を見せてもらう存在。
神の子の兄弟たちは、いつでもホーリースピリットの姿を見せてくれるようにスタンバってくれていて、
それを見させてもらうには、自分の心をホーリースピリットと合わせればいい。
「どうぞ本当の世界を、本当の姿を見せてください」とお願いして、目撃させてもらえばいい。

本当に覚醒した人というのは、めったにお目にかかれないけれど、
一瞬、一瞬に心を合わせれば、誰かれかまわず、ホーリースピリットは姿を見せてくれる。

そういうことだったんだ、すいぶん長い間、大きな勘違いをしてきたなあ、と思います。

くみちゃん、いい時間を体験したのですね。
その体験に触れさせてもらって、私のスピリットもなごんでいます。ありがとう。
 

Re: 身体とは

 投稿者:satocoo  投稿日:2012年 6月 2日(土)23時05分16秒
返信・引用
  緑茶さん、書き込みをどうもありがとう。

> 奇跡のコースの中ではどのように記されているのでしょうか。

このスタンスで回答を得たいのであれば、ここではなく、CRSジャパンにご質問されたほうがいいと思います。
私は、テキストを完読したわけではありませんし、まだ初心者レベルの域を出ていませんから。

そのうえで、せっかくなので、私見を書いてみますね。

「リンパのワーク」そのものは、『奇跡のコース』には出てこないと思います。
CRSで推奨している「ヒーリング」も「リーディング」も、
『奇跡のコース』の正統な教えに則ったものかといえば、おそらく違うと思います。
そして、「リンパのワーク」も、その流れにあるものと私は理解しています。

私たちは、エゴの幻想を手放して、神の子である自分を思い出す旅に出ています。
旅のはじめで一番大事なのは、私たちが勝手につくりだした妄想であるエゴの正体を知ることです。
エゴが抱く罪悪感とはどんなものか。恐怖とはどんなものか。

緑茶さんもワークブックをやっていらっしゃると思うのでわかると思いますが、
パート1では徹底的に、エゴのなんたるかにフォーカスが向けられています。
そうして、エゴを観察して、エゴのなんたるかを理解し、エゴをゆるすという道程を行くことで、
私たちは神を思い出すところへと帰っていきます。

つまり、敵を超えるには、まず敵を知るところから始めるというのでしょうか。
(エゴは実際のところ、敵にもならないものですが)
そうしてはじめて、私たちはエゴに振り回されずに、幻想という世界を有効活用しながら、神の王国へ帰っていきます。

エゴと同様に、肉体もイリュージョンです。
神へと帰る旅では、エゴによって使われていた肉体の主導権をホーリースピリットに渡し、
ホーリースピリットに使ってもらいます。それはどういうことかということ、
肉体さえも、神へと帰る道具になるということです。

ここまでが、前ふりです。
では、「リンパのワーク」はどういうものか。

肉体をホーリースピリットに使ってもらう一環として、そのワークがあるのではないでしょうか。

無意識に使っていたものを、意識的に使う。
それはエゴにしてもしかり、肉体にしてもしかり、肉体の機能にしてもしかり、です。

意識的に使うということは、心の力を使うことでもあります。
それが唯一、帰る道でもありますし、ね。

私の現時点での見解は以上です。これで答えになっているでしょうか。
もしよかったら、CRSジャパンのほうで正解を教えてもらってくださいね。
 

レンタル掲示板
/80